経営者物語

【アパホテル社長】元谷芙美子さんのVIPセミナーで女性社長の真髄を見た。

本日は佐々木さん主催、

アパホテル社長の元谷芙美子さんのVIPセミナーに参加してきました。

佐々木さん↓

アパホテルといえば
グループ年商1000億円超
名実ともに日本を代表する大企業の1つです。

そして佐々木さんは月収2000万
株式会社リアライザの社長さん。

このお2方のトークセッション。

とても貴重な機会に参加できて
めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

こんなお土産ももらいました。
元谷社長のブランディングが光ってます。

 

元谷社長のセミナーは
「わたしは1回も落ち込んだことがない」
という言葉から始まりました。

そして、

「みなさんのお顔を見てから
今日話すことを決めるんです」

今日は若い方が多いのねー!と
嬉しそうに話をして下さいました。

 

とても明るくて朗らかな社長で
すごく素敵な方だなというのが
一瞬で伝わってきました。

 

社長としての姿、
女性としての姿。

なかなか聞くことのできない
貴重な学びが沢山あったので
今回はその一部をシェアします。

めちゃくちゃ勉強になると思うので
ぜひ最後まで読んでいってください。

(むしろ最後の方に
私が1番感動した学びを詰め込みました)

 

信用なくして立派な社長にはなれない

「社長業は人間そのものです」

元谷社長が今回のセミナーで
何度も言っていたキーワードは「信用」でした。

どうやって信用を得るのか?という
3ヶ条を深掘りして下さいました。

 

そのうちの1つが「納税」です。

わたしもこの仕事をやっていると
「節税したいなあ」としょっちゅう
考えてしまうんですよね。

半分くらいは税金で持ってかれてしまうので
「納税」に対してネガティブなイメージを
持っていました。

きっと社長業をやっている方は
あの手この手で節税をはかっているはず。

 

しかし元谷社長は
「税金を払ってきたことが信用になって
ここまでアパホテルが成長した」
とキッパリおっしゃっていました。

こうした社長としての責務を
コツコツと果たしてきたからこそ
アパホテルの信用がどんどん溜まっていき

ゼロからのスタートアップで
1世代でここまでの企業に育て上げることができた。

 

この考え方は自分の中にはなかったので
とても良い気づきとなりました。

 

また、3ヶ条には入っていませんが、
ほかにも信用を築くためにしていることとして
「前向きに人を裏切っていく」とも
おっしゃっていました。

例えば銀行に31日にお金返しますという
約束をしたなら30日に返したり。

ほんのわずかな差だけど、
こうして銀行と付き合ってきたそうです。

 

これは私も日常生活の中で
取り入れることができるので
早速やっていこうと思います。

 

発想の転換がビジネスの肝

「当たり前の中に金脈があります」

やる気がある人の前は小判の山。
深い想いで燃焼できなければだめだという話を
してくださいました。

 

アパホテル自体、
今まで誰もやったことがないような施策を
先陣切って挑戦してきました。

住宅ローンとかも日本で初めて導入したのは
アパホテルです。

・思ってもない奇想天外な独創力
・先を見る先見力
・深い洞察力

今でも、コロナでホテル業界は厳しい中
バンバン新しい施策を打ち出して
お客さんが殺到してるアパホテル。

最近ではアプリも開発されて
20代、30代の新規顧客も200万人以上
獲得できたそうです。

 

拙速は巧遅に勝る

100点満点の答えじゃなくていい。
70点でいいからとっととやる。

パッと決断してGo。

「人生は瞬発力」「奇襲でないと勝てない」
ともおっしゃっていました。

知性も叡智も人格も
一点に集中してカーンと決断をする。

物怖じせず、動じない。

こうしてどんどん新しいアイデアを
世に生み出し続けてきたんだなという姿勢は
とても刺激になりました。

 

「わたしは夢という言葉が大嫌いです。
夢みてる暇があったら具体的に戦略を持って
努力していくべきだと思っています。」

まさに元谷社長のこの言葉は
今のわたしに刺さりまくりでした。

 

理不尽な世の中に
拗ねていてはいけないんですよね。

「いつまでに」どうなっていたいか。

期限をしっかりと決めて、
取り組んでいこうと思います。

 

遊ぶように仕事をする

「楽しくて楽しくて仕方ない、が成功へ導く」

元谷社長は今までで一度も
仕事がつらいと思ったことがないそうです。

 

代表とも新婚さんのように仲が良く
アパホテルに対する世間の風当たりが悪い時も
全然落ち込まなかったそうです。

いつか絶対にみんなが理解してくれると
信じて疑わなかったからこそ
心の火は消えなかった。

「若い皆さんは仕事はつらいもの、
というのが当たり前になってるみたいだけど
つらい中では大きいことも為しえません」

「楽しんで、ラク〜に仕事させてもらってます」

そういってニコニコ笑う社長をみて
素敵な働き方だなと思いました。

代表も
「仕事が遊びである、遊びが仕事である」
とおっしゃっているそうで

6.7割の力で楽しくやっているそうです。

それで脱サラして
何億、何兆という規模にまで
1代で築き上げたというのですから驚きです。

もちろん裏には沢山の努力があったと思うけど
「仕事は楽しむもの」というスタンスは
ずっとあったんだろうなと思います。

 

遊びが仕事っていうのが、
世間一般だと、甘えだとか、逃げだとか
そういう意見もあるかもしれないけど

わたしは純粋に素敵な働き方だと思ったし
そういう働き方がしたいと思いました。

そして実現させてやる、と思いました。

 

仕事が楽しくて楽しくて仕方ない、
だから人もお金も幸せも寄ってきてしまう。

今も割とそういう経営ができていると
自分では思っていますが、

より一層、
そういう経営者になっていきたいです。

 

同じ女性として。女性社長のあるべき姿。

「仲が悪いと貧しくなるからね」

元谷社長は家庭にはもちろん、
仕事であった全ての人に
強運と幸せを分け与えているような、
そんな方に見えました。

自分の周りにいる人をパッと明るくするような
そんな魅力がある方だなと思いました。

 

「わたしの本業は主婦です!」とも
おっしゃっていましたが、

「家が明るく健康であるように。
守っていくお仕事が主婦です。」

とおっしゃっていて
本当に素敵だなと思いました。

わたしには今までその考え方がなかったので
とても思考がスッキリした気がしました。

 

「私の宝は家族であると言い切れます。

夫婦は合わせ鏡だから、
死ぬほど愛してあげれば愛してもらえます」

 

代表を外でも中でも支える存在。

わたしもこんな女性になりたいなと
素直に思わされました。

 

「稲穂も実れば実るほど頭が下がっていく。
天狗にならずに謙虚にいくべきです。」

謙虚な気持ちがあってこその社長業。

こうした1つ1つの姿勢や心構えが
同じ女性としてとてもしなやかで
凛として力強くかっこいいと思いました。

 

「人生、自分のことだけじゃなくて
徳を積むっていうのが凄く大事なんです」

「景気も人生も会社も同じ。
良いときもあれば悪いときもある。
大きなうねりの中にいます。

でも、負けたらいかん。
何かあるのが普通なんだから。」

 

最後にそう力強く締めてくださいました。

 

ここでは話せないようなお話も
沢山していただきまして
とても楽しい時間となりました。

名言がバンバン飛び出すので
メモしまくりの濃い学びになりました。

 

本当になかなかない貴重な機会に
参加できたことを嬉しく思います。

ありがとうございました!

 

P.S.

このセミナー後、ネットビジネス界で
知らない人はいないだろってくらいの
超VIPゲストがきて講演して下さいました。

会場は騒然。笑

こういったサプライズも用意する
佐々木さんさすがだなと思いました。

いつも良くしてくださる先輩ですが
こりゃ負けてられないなと。
改めて思わされました。

貴重な機会をありがとうございました。

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。