経営者物語

21歳六本木でホテル住み。10リストで月400万越え経営者から学ぶ。

こんにちは!かほです^^

先日、
あつしさんとお会いしてきました!

あつしさんは

・セールス極めたら集客しなくても
月収300万超えたホームレス

・港区で清掃活動して
金持ちと仲良くなる

・10分5万円払うから
アドバイスして欲しいと頼まれる

・紫式部の末裔と仲良し

などなど面白い経歴の持ち主です。

普段あまり発信しておらず
オフラインで動いているため
まさに「何者?」って感じ。

わたしもしっかり話すまで
本当に謎の存在でした。笑

 

今回はあつしさんから
お誘いいただきまして
新宿でランチをしてきました!

その時の学びを
シェアしようと思います。

 

圧倒的なギブ精神

あつしさんに会って

自分が学んだことを
まとめたものを
惜しげもなく送ってくれたり

この本がおすすめだよ、とか
このPDFで僕は世界が変わった、とか
この人すごいんだよ、とか

本当にたくさんの情報を
無償で与えてくれる。

これってめちゃくちゃ凄くて。

わたしも貰うたびに
あつしさんに何か返せないかなと
自然と考えていました。

 

ちなみにあつしさんは
こんな感じでただ喋ってたら
お客さんが感謝しすぎて

頼んでもないのに
急に50万振り込まれたことが
あるそうです。笑

 

でもビジネスって
本当にこれですよね。

ハンパないギブ精神を
何度も目の前で
見せていただいて

わたしはまだまだだったと
悔しいやら情けないやらでした。

感動させたら人は動く

これはあつしさんが
何回もおっしゃっていたこと。

現にわたしは
あつしさんと出逢って
めちゃくちゃ感動させられました。

なんというか、
人としてとても温かいし
懐が深いなあと感じます。

自分がすごくちっぽけで
ケチな人間に感じます。

 

感謝をしながら生きている
人に与えながら生きている。

結果として
あつしさんの周りには
たくさんの素敵な人が集まって

自分はすごく運がいいんだ
とおっしゃっていましたが

きっとそれは
あつしさんの普段からの
立ち振る舞いなんだろうなと
感じさせられました。

 

あつしさんはどんなに
遅くなっても必ず

教えていただいたことを
実践して報告するそうです。

誰にでもできるし
絶対に喜んでもらえるのに
みんなやらない。

これはとても学びになりました。
実践していこう。

褒める。褒める。褒める。

とにかくあつしさんは
人を褒めるんですよね。

自分が尊敬してる親友や
友だち、先生、師匠、同業者。

いろんな人を紹介して
くださいました。

 

ただ金を稼ぎたい
みたいな経営者とも
話したことがあるからこそ
雰囲気が違うなと感じました。

なんかね、もう1年後には
超ビックになってるのが
目に見えているというか。

既に100億くらい稼いでる人が
目の前にいるような気分で
話を聞いていました。笑

 

人をあそこまで
素直に褒められる人って
なかなかいません。

褒めちゃったらそっちに
流れていっちゃうかもしれない。

褒めたところで
自分にメリットはない。

 

ついそういう思考に
なってしまうけど、
そういう人が多いからこそ

ちょっと人と違うことをするだけで
めちゃくちゃ素敵に見えます。

この人はなんか違う。
ってなりますよね。

 

あつしさんご自身も
人のセミナーに行ったら
主催者の方の魅力を

参加者さんに目一杯
伝えるそうです。

別に見返りを求めるとかじゃなく
されたら嬉しいことだからと
さらっとやってのける。

 

ここもかなり自分の中で
大きな学びとなりました。

実績で人を見るな

この人は稼いでいるから
丁寧に接しようかな。

この人は稼いでないから
あまり話さなくていいかな。

きっと人間って無意識に
こういう思考に陥ってると
思うんです。

 

セミナーとかでもそうですよね。

セミナーに行っても
ついつい1番稼いでいる人に
人は集まってしまうけど

あつしさんは目の前に
座った人をとにかく喜ばせようと
頑張ったそうです。

その時のつながりで
紫式部の末裔の方と
仲良くなれたとのこと。

 

「ネットビジネスじゃ凄くなくても
違う分野に行ったら
凄い人だったとかある。

会う人も選ばないように。
他のところで凄いつながりが
あるかもしれないからね。

人間生きてたら
1人くらいは凄い人と
つながってるもん。

親友がすごいやつだったり
先生がすごい人だったり。

絶対何かしらの
つながりがあるよね。」

 

わたしは正直無意識のうちに
実績で人を見ていた部分が
あったと思います。

そんな自分が
恥ずかしくなりました。

 

小手先のノウハウとは違い
思考やマインドは一生ものです。

大切なことを
学ばせていただいたなと思います。

お金じゃなくて信用を稼げ

あつしさんと話をしてると
まじでこういう名言が
バンバン飛び出してきます。

これは全人類に伝えたい。

 

信用があれば
人が集まってくるし
仕事も集まってくる。

知識やスキルはもちろん
信用もコツコツと
ためていくことが

何よりも成功の近道だなと
改めて感じました。

 

稼ぎたいと思ってる人ほど
お客さんとの信頼構築を
すっ飛ばしてしまう。

原点にして頂点レベルで
ここは本質だなと学びました。

お金なんてこの世から消えればいいと思ってる。

「わたしから何か
お返しできないですか?」
と聞いたところ

「お金払う、とか
言わないでくださいね。」
と返されました。

 

そして、
「誰か紹介してください」
とニッコリ微笑まれました。

 

わたしはその言葉を
聞いたときに、

うわー…

これ言えるのめちゃくちゃ
カッコいいやんけ…と

心の底からこう、
ブワッと感じるものが
ありました。

尊敬しました。
同い年とは思えなかった。

 

「大体の人は感謝を
お金で伝えようとしてきますよね。

まじでこの世から
お金なんて消えればいいのに。
って本気で思ってます。」

この言葉が21歳から
出てくるのもすごいですが。

わたしはその言葉に
ハッとするものがありました。

 

お金があるせいで
どれだけの争いが
生まれてきたんだろう。

競争、と言いますか。
だからこそ文明も発展したと
思うのですが。

お金がなくなればいいのに。
それを聞いた瞬間、
自分の中になかった価値観を
教えてもらった気がしました。

 

大体はいくら稼いだとか
そういう話をします。

いかに相手から取れるか?
みたいなことを
考える世界だからこそ。

確かにそれはビジネスの世界でも
資本主義社会で生きていくためにも
必要な部分ではあるけど

なんか空っぽでつまらんな。
と思っていました。

 

だからこそ
売上売上売上!じゃなくて

周りからなんと言われようが
自分が心から楽しいと思えることを
貫き通していて

しっかり軸があり
どっしりと構えている。

 

人に囲まれて愛されて
そんな生き方を楽しんでいる。

そんな生き方ができている
あつしさんを見て
かなり価値観を崩された
一言でしたね。

 

ビジネスに浸かっていた
自分だからこそ
ハッとさせられました。

99%の人ができないことをやれ

人ができないことができる人が
成功する、という話も
してくださいました。

 

「みんな積み上げることに
価値を感じすぎている。

失うことを怖がり
すぎちゃってるんですよね。」

 

21歳で資産10億を稼ぎ
全額貧困国に寄付した女子大生も

破壊と創造、に
価値を置いていたそうです。

 

タワマンの最上階に
住んだと思ったら
6畳のアパートに引っ越す。

億を稼いだと思ったら
一気にゼロにする。

 

「お金なんてまたすぐに
稼げるから。」と
その女子大生は言ったそうです。

 

もー痺れまして。

カッコ良すぎて
泣くかと思いました。笑

 

わたしもそういう女性に
なりたいなと思いました。

頑張ろうと改めて
ハチマキを締め直しました。

とにかく死ぬ気で学ぼうと思った

あつしさんからは
今回たくさんのことを
学ばせていただきました。

 

99%の人ができないことを
やれば成功できる。

それならわたしは
誰にも負けないくらいに
学んで学んで学んでやろうと
火がつきました。

 

普段お世話になっている
24歳で月商10億稼ぐ
経営者さんにも

「なんで成功したんだと
思いますか?」と聞いたら

「めっっっっちゃ学んだね」
とおっしゃっていたり。

 

年収3億を自動で稼ぐ
わたしの師匠も
口を開けば「学べ」です。

そして師匠本人も
誰よりも学んでいます。

 

結局、裏道とかないし
成功する魔法なんてない。

仮に裏道で成功したとしても
化けの皮は剥がれます。

 

それなら「本物」に
わたしはなりたい。

 

みんなから称賛されなくても
一部の尊敬できる方々から

「頑張ってるね」
「よく学んでるね」

と認められるような
実力のある経営者になりたい。

 

あつしさんの熱いエネルギーを
感じることができて

改めてわたしは
進む方向が見えました。

本当に本当に感謝してます。

素敵なお話を
ありがとうございました!

 

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。