経営者物語

【年収3億円の起業家】から学んだこと3つ紹介。

こんにちは!かほです。

 

先日、年収3億を稼ぐ起業家さんから
色々お話を聞かせていただいたので
そこでの学びを共有しますね!

 

面白い話をたくさんしていただいたので
話せる範囲でお話していこうと思います。

 

この記事を読むだけでも
かなり勉強になると思いますので
ぜひ最後まで読んでいってください!

 

相手がほしいものを出す姿勢

21:00から麻布十番で待ち合わせして
こんな感じの馬刺し食べながら
お話させていただいてました。

わたし馬刺し大好きなので…
めちゃくちゃ美味しい馬刺し食べられて
まじで幸せでした。

 

 

もちろんビジネスのお話も
沢山聞かせていただきましたが、

 

私みたいな女子大生が好きそうな話題
(恋愛の話とか芸能の話とか)を選んで
振ってくださっていたのを感じました。

 

こうやって相手が欲しいものを
提供する姿勢は

さすがプロだなぁ
私もこれが呼吸をするように
できる人になりたいなと感じました。

 

それこそ
相手によって響くものって
違うじゃないですか。

 

マーケの知識をマーケターに言っても
そんなに響かないかもしれないけど

プログラマーにマーケの知識を
ちょこっと教えてあげると

「すごい!ありがとう!」

とめちゃくちゃ感謝される、
なんてことはよくあります。

 

相手が持っていないもので
かつ知りたいであろうものを
そっと提供してあげる。

 

相手は何がほしいんだろう?
何をあげたら喜ぶんだろう?

というのを常日頃から意識しておきたいです。

 

爆速で成功してきた理由は至ってシンプル

 

今回お会いした起業家さんを
仮にKさんとしますが、
Kさんはとにかく行動が早い。

 

今回特に私が印象に残ってて
好きな話はですね、

 

Kさんがまだメルマガアフィリ始めたての頃。

 

「メルマガってやった方が良いですか?」
「いつから始めた方がいいですか?」

と周りの人が先生に質問している中で、

 

Kさんは、

メルマガ90通書いてしまいました」
アフィリエイトリンク置いてたら
売れてしまいました

という状態だったそうです。

 

「メルマガってやった方が良いですか?」
➡︎やった方が良いに決まってんでしょ

「メルマガはいつから始めた方がいいですか?」
➡︎今すぐやればよくない?

 

こんな感じでやってきたもんだから
「ぶっちゃけ稼げなかった時期はないねえ」
とおっしゃってました。

 

これめちゃくちゃ面白くないですか。笑

 

「うわーっ基準値の差ー!」って
殴られた感じがしました。

 

これはかなり自分の中で
大きな収穫となりました。

カッコええ。

 

 

自分もこういうマインドで臨んでいこう!って
めちゃくちゃ価値観変わりましたね。

 

「言い訳してる暇があったらやる」
「やってから考える」

 

をまさにこうやって体現してきた感が
本当にさすがだなと思いました。

 

大抵のことは経験しちゃった方が
慣れるし学べます。

リスクがないんだったら
やっちゃった方がいいです。

 

スピード感も得るものも
やらない人に比べて全然違います。

 

メルマガとかアフィリとかまさにそうですよね。

悩んでいる人いたら、今すぐやりましょう^^

 

話すのが苦手、スベるはあり得ないって話

 

わたしは正直、
会話では聞き手に回ることが多いですし、
面白い話とか盛り上げるとか苦手です。

 

自分が話して微妙な空気にしてしまうよりかは
大人しく相槌をうっていたいタイプ。

 

でもKさんはとにかく話が上手、面白いで
有名なんですよね。

 

ここの差はなんなんだと思って
聞いてみたら、

 

「俺も最初は話すの超苦手だった」

「だから話す内容は
全部事前にシナリオ作って
万全に準備してからのぞんでた

 

とのことでした。

 

一瞬で解決です。

 

わたしはここまでやれてなかった。
それなのに苦手とかできないとか言ってた。

こんなの話にならんやん。って
思い知らされました。

 

もし2時間話す機会をもらえるとしたら
俺だったら8時間分くらいの
トークネタを仕込んでいくね

「で、喋り倒す」

「なんで2時間分じゃないかというと
反応が良くなかったときに
そのネタはもう使えなくなるから
時間が余っちゃうでしょ」

 

これを当たり前のことのように
話してくださいました。

 

 

単純にビビりますよね。

 

 

と同時に、やっぱり
ここまでできる人が成功するんだな、
とも思いました。

 

誰にでもできることを
誰よりもやる

 

この、ネタを仕込むという
簡単なこともやらない人が大半です。

 

だからこそ、これができるだけで
一気に抜きん出るんだなと感じました。

 

これは思いつきそうで思いつかない。

 

わたしも、Kさんから聞いて、
「なるほど!その手があったか…!」
という感じでしたし…

 

かと言って今これを知ったところで
実際にやる人は1%もいないと思います。

 

「知っている」と「できる」「やる」は
違うんですよね。

 

「あーうん。知ってる。分かってる。」と
あぐらをかいていても何も変わりません。

 

だからこそさっきも言ったけど、

みんな結局やらないから、
これができるだけで
一気に抜きん出るんだなと感じました。

 

これは肝に銘じておこうっと。

 

ターゲット決めの話

 

最後にもう1つ。

リサーチの甘さを
痛感させられたという話をします。

 

 

わたし、今まで
過去の自分をペルソナにしたり
読者さんからの相談に答えたりしてて

 

ターゲットっていうものを
明確に決めてなかったんです。

 

強いていうなら「稼ぎたい人」

 

最近では、
ポジショニング、ブランディングについて
ちょっと勉強をしていたから

「ターゲットもっとちゃんと絞ろうかな」とか
改めて考え始めてた時期だったんです。

 

なので
「ターゲティングってどうされてますか?」
という相談をしたら

 

これまた一発で解決しました。

 

「すべてに対応できるようにしないの?」

どんな人が来ても
刺さるようにしておかないから迷うんだよ

 

グサッ!!

た、たしかに・・・っ!!!

 

今まで悩んでいたことが
かなり的外れだったんだと
瞬時に気がつきました。

 

とにかく自分は同業者リサーチ、
顧客リサーチが甘かった。

 

それなのに
一丁前に悩んでいた。

 

何やってんだって感じです。

 

「同業者が何を発信しているのか
顧客はどんな1日を送っているのか」

 

「今の君は、
セミナーできるくらい理解してる?

 

そう問われたときに
ぐうの音も出なかったです。

 

そんなわたしをみてか、Kさんは
おもむろに主婦の1日を
スラスラ話し出しました。

 

それこそ、
「え、主婦なの!?」ってくらい
めちゃくちゃ具体的なんですよ。

 

「学校から子どもが帰ってくるんだけど
靴下がめちゃくちゃ茶色くて・・・」

とか言ってるKさん。

 

正直、途中からわたしには
Kさんが30代子持ち主婦に見えてました。

 

ターゲットのことを知り尽くしてるからこそ
ターゲットを絞ることができるわけで

知り尽くしてたらターゲット決めで
悩むことなんてないんですよね。

 

どこでも刺すことができるから。

 

全然ターゲティングについて
理解できていなかったと反省しました。

 

「リサーチ大切だよ」と
口だけで薄っぺらく言うのではなく

目の前でそれをやって見せてくれたKさんの
その姿勢にむちゃくちゃしびれました。
わたしもこうなりたいって思いました。

 

やらないから悩むんだ。

 

今回は、自分自身の基準値の甘さを
とにかく痛感しましたね。

 

まだ悩む分際じゃない
悩む前にやることやれ
って言うのを
つくづく思い知らされました。

 

Kさんは言葉も行動も、
本当に無駄がないんですよね。

ズバッ!スパッ!って感じで
見ていて気持ちがいいです。

わたしもこうなりたい。

 

 

Kさんの話が面白すぎて、
思いっきり終電を逃してしまったので

その日の夜は
東京に住む起業家仲間の家に
泊めてもらいました。笑

 

そしてそのまま徹夜で作業会が
開催されました。

 

おわり

 

 

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。