ビジネスを学ぶ!

【厳しめ注意】コンサルについて。受ける側も取る側も。

こんにちは、かほです。

 

今回はちょっと耳痛い話です。

わたしにしては珍しく
シビアな話をしようと思います。

 

テーマは「コンサル」について。
ちょっと厳しめの話をするので

あまり厳しい話されるのは好きじゃない
っていう人は見ない方が良いです。

 

なんでこの話をしようと思ったかというと

ビジネスで成功したいと言いつつ
その姿勢が明らかにおかしい人と
この前関わる機会がありまして、
こりゃあかんと思ったわけです。

(その方とはもう今は関わりはないですが)

 

もしかしてこういうマインドの人って
沢山いるんじゃないかと思ったので
わたしなりの意見をまとめておきます。

 

コンサルを取る人、
コンサルを受ける人、

わたしはどっちの立場でもあるので
そこを踏まえて書いていきます。

 

今回話す内容を気をつけるだけでも
かなり成長スピードは上がります。

師匠からも「お、こいつやるな!」と
目をかけてもらえるようになります。

ので、ぜひ気になる方は
このまま見ていってください。

 

コンサルを取るときの私の持論

 

わたしはこういう発信をしているので
コンサルを頼まれることが多いです。

 

わたし自身、
コンサル生は複数名いますが

普段はコンサル生は
正式には募集していないので
(2020年12月現在)

 

全員、個別で
「コンサルお願いしたいです」と
お願いしてくれた方たちです。

 

かと言ってお願いされた人
全員を取るわけでもなくて、

コンサル依頼を受けても
こちらから断わることもあります。

 

なぜかというと、

目先の利益に飛びつくと
後々自分の首を締めることになるから

です。

 

確かにコンサルを取ると
まとまったお金は入ってきます。

 

ですが、わたしのコンサルは
かなり距離が近いので

自分と気が合わない人を
コンサル生に取ると
1ヶ月後、2ヶ月後と自分自身の負担が
めちゃくちゃ大きくなっちゃうんですよね。

単純にストレスがやばいっていう。

 

それこそ、
「この人から教わりたい!」と
「この人になら教えたい!」が
上手く噛み合ったときって

めちゃくちゃ楽しいし
お互い成長できます。

 

だからこそ、

わたしはコンサルを取る前は

じっくり話合って見極めた上で
コンサルを受けるか決めています。

 

礼儀正しさとか、
人として最低限のことはもちろんのこと

その人の人となりを知って
「この人なら頑張ってくれそうだな」
「この人の考え方、わたしと近いな」
と思えたら

「一緒に頑張りましょう!」と
コンサルをスタートします。

 

 

ですが、結構世の中にはいるんですよ。

コンサル生を取れるだけ取って
手が回らなくなって
めちゃくちゃクレーム来てる人。

 

驚くかもしれないけど
表に出てないだけで
こういうコンサル手法で稼いでいる人
結構います。

 

動画や教材を初めにポンと渡して
「わからないことあったら
聞いてください。」
とあとは放置状態。

 

「聞いてください」なんて言われても
そこに信頼関係なんてないから
心からの相談なんて
できっこないんですよね。

「こんなこと聞いたら怒られちゃうかも」
「忙しそうだから聞くのも申し訳ないな…」

とコンサル生たちが
露頭に迷うパターンです。

 

で、コンサル生たちの
不安と不満が爆発して
問題になってしまう。っていう。

わたしはこういうコンサルは

結果として
自分の人生も相手の人生も
満足度を下げることになるので

全くやる意味がわからないです。

 

いっときはお金が入るかもしれないけど
その後、楽しく過ごせなくなるのは
わたしは嫌です。

 

それよりかは、
自分の好きな人たちに囲まれながら
楽しく頑張れる方がずっといいし

そっちの方が結果として
仕事のパフォーマンスも上がります。

 

師匠に依存したら成長は止まる

 

情報は取りにいくもの

 

ただですね、

ここで気をつけて欲しいのは
「コンサル生側に全く問題がない」
というわけでもないということ。

 

コンサル生自体の
「情報を取りにいく」姿勢
めちゃくちゃ大事です。

 

はっきり言いますが、
「情報は勝手にもらえる」
と思ってたらダメです。

 

子どもじゃないので、
「待ってても貰える」という
甘い考えは捨てた方が良いです。

 

わたしも最初の方は師匠に対して
情報を貰えるのを待ってた時期もあります。

「師匠から全然連絡こないな〜」と
ちょっといじけてた時期もあります。笑

 

でも途中で気がついたんですよね。

 

これ、自分成長する気あるのか?って。

自分の人生変えたいなら
自分が動かなくてどうするんだって。

 

自分が成長したい!って思ったから
教えてもらいにいったのに、

これではまるで教わる姿勢が弱いです。

 

初期のわたしは、受け身でいても
面倒みてもらえると思ってたんですよね。
これはめちゃくちゃ反省です。

 

わからないことがあったら
質問すればいいだけです。

向こうも仕事なので
聞かれたら答えてくれます。

 

質問しても返ってこないとかは
向こうに問題ありですが

(こっちはお金払ってるので
そうなると向こうの職務怠慢です)

 

質問してないのに、
何も教えてくれないとか言ってるのは
単なる甘えだなあと思ったんです。

 

厳しいことを言うようですが、
そんなに世の中甘くないです。

 

ましてや、
自分でビジネスをしていく、
起業をしていくからには
その程度の自立心がないようでは厳しい。

 

そのくらいのことができない人が
ビジネスで成功するわけがないよな。と、

わたしは過去の自分を反省して
自分自身に常々言い聞かせてます。

 

依存してはいけない

 

ただですね、

じゃあなんでも聞けばいいかというと
そんなこともないんですよ。

 

この質問の仕方にも
かなり問題がある人が多い。

 

「コンサルをしてもらったらもう安心!」
「ぜ〜んぶ面倒みてもらお!」
とかはめちゃくちゃ甘い考えです。

 

こういう依存傾向が強い人は
絶対に伸びません。

 

(今回は自分自身にも言い聞かせてるので
厳しめ口調です。すみませんね…。)

 

わたしはわからないことがあるのは
全然悪いことじゃないと思ってます。

やったことがないなら
わからなくて当然です。

 

全然聞いてもいいと思うし、
わたしも師匠に相談することもあるけど、
それはググっても出ないことが多いです。

ブログの添削とか、
こういうのは師匠を頼ります。

 

でも、ビジネスをやる上で、
というか生きていく上で、

問題解決能力」は
めちゃくちゃ大事だと思ってます。

 

壁にぶつかったときに、
自分で調べて解決する能力ですね。

 

例えば、WordPressのテーマの
カスタマイズの仕方とか
メルマガスタンドの使い方とか

はじめはわからないじゃないですか。

 

そこで
「難しいよう…どうすればいいの…」と
うずくまって泣いてしまう人と

「わからん!ググる!」と
とりあえずできそうなことを試す人で

全く成長スピードは違います。

 

で、もしググっても解決しなかったり
調べ方がわからなかったりしたら

カスタマーサービスに電話すれば
いいだけの話です。

 

そこで電話は怖いとか苦手とか
確かにわかるんですけど、
苦手とできないは違いますからね。

 

わたし自身、

システムわからん。
使い方わからん…。

みたいなことよくあります。

 

機械に強い方ではないので
今でも壁にぶつかってばかりです。

 

でもそういうときに
「どう対処すればいいか」を
自分でわかってるんですよね。

 

だから壁にぶつかっても
そんなにうろたえることはありません。

 

どうにかなる、どうにかできると
思っている自分がいます。

最初からそうだったわけじゃなくて
色々頑張って経験を積んだから
そう思えるようになりました。

 

とりあえずググって
わからなかったら
そのシステムを作った会社に電話

これで大抵解決します。

 

向こうは、質問対応を
仕事にしているプロなので、

1人で悩むよりかは
プロに聞いちゃうのが一番はやいです。

 

こういうときに
「1から全部教えてもらわないと
自分じゃ何もできない」

とうずくまってしまう人って
かなり危険です。

 

依存傾向がめちゃくちゃ強い。

 

ググった。電話した。
それでもわからなかったら
師匠に聞けばいいんです。

 

解決できなかったとしても
「そういう努力をした」ってことが
めちゃくちゃ価値あることなんですよ。

 

別にわからないからといって
怒られたりしません。

(というかわたしだったら怒りません)

 

人を育てるときは、

「答えを教える」んじゃなくて
答えの導き方を教える」方が

よっぽどその人のためになります。

 

その人の、その先の長い人生を
より良いものにしてくれます。

 

人生なんて
問題解決の繰り返しですからね。

問題解決能力は
あるに越したことはないです。

 

やる気が出ないとき

 

これはわたしは師匠からは

「正直、どうでもいい。
やる気がないなら
やらなければいいんじゃん?
それ以上でもそれ以下でもないよ」

と一刀両断されてます。笑

 

たしかに、これも
子どもじゃないので
師匠に頼ることじゃないなと
わたし自身は割り切ってます。

 

多分この記事を読んでくれている人の中には

「メンタルが弱くてすぐ落ち込んでしまう」
「やる気が出なくて作業が進まない」

みたいな人もいると思うんですけど

(わたしもどっちかというと
かなり感情に支配されるタイプの
人間なのですごくよくわかります。涙)

 

そういう人は
マインドコントロールの知識をつける
ことをおすすめします。

わたしはこれでだいぶ
改善されました。

 

モチベが〜とか、やる気が〜とか、
あまり関係なくなりました。

 

わたしが尊敬する起業家の先輩が
教えてくれた本があって、
超良書だったので紹介しておきますね。

わたしはこれ読んだら
かなりマインドコントロールが
できるようになりました。

 

感情に支配されて
作業が手につかない…とか

良くあったんですけど
この本読んでからは
だいぶなくなりました。

 

マーケティング的にも
ライティング的にも
かなり勉強になる本なので
読んで後悔はしないと思います。

 

あとは、
できない自分に萎える」とかは
自分に期待をしすぎです。

できないのは当たり前なので
深く思いつめないようにしましょう。

 

これからできるようになれば良い!
くらいで深く考えないようにしましょう。

 

 

てな感じで、今回は割とシビアに
「コンサル」について語りました。

ここまで読むの大変だったと思うけど
何か得たものはあるんじゃないでしょうか。

 

あなたに良い変化をもたらせたら
嬉しいです。

 

 

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。