経営者物語

はなかっぱの脚本家さんの限定ライティングセミナーに参加してきました。

今日は宮川文吾さん×わっきーさんの

ディズニーとハリウッドの理論から学ぶ!
プロの脚本家が教える!文章構成の方法!

という限定セミナーに参加させていただきました。

宮川さんは、NHKのアニメ
はなかっぱの脚本に携わっていたり

ウォーターボーイズや
夢の国のショーの演出にも携わってる

滅多にお会いすることができないレベルの
凄腕脚本家の方です。

 

わたしは感情を揺さぶる文章だったり
ストーリーを使った文章を書くのが
得意だと思っていました。

自分の文章を読んで泣いてくれる人も
1人じゃなかったし

メルマガ読んで感動しました、
かほさんの書く文章が好きです、と
言っていただけることも多かったんです。

 

ただ。

 

今回のセミナーを聞いてみて
良い意味で打ちのめされたというか。

人を動かす、感動するストーリー展開
ということに関して
「知らなかった」「面白い」の連続でした。

これは嬉しくもあり悔しくもありました。
自分はまだまだ何もわかっちゃいなかった。

 

文章の世界って面白い
脚本家の世界って面白い
感動を作る世界って面白い

 

もっともっと脚本の勉強したい…!と素直に思いました。

 

 

セミナー内のワークショップで、
テーマを決めて3分間の自己紹介をする、
というワークをやったのですが

わたしはそのときに
満足のいく出来で書けませんでした。

 

「誰か、自己紹介したい人いますか」
と宮川さんがおっしゃった瞬間に
バッと上がる手。

そして堂々と答える周りの経営者たち。

自分はこういうところで萎縮してしまう
自分はまだまだだなと感じました。

そして、自分は、自分のことを
たった3分間という短い時間でも
自信を持って紹介できない事実に
ぶち当たった瞬間でもありました。

とても良い気づきでした。

自己紹介、何パターンか用意しておこう。

 

また、
感動させるストーリーとはなんだろうかというところで

実際にウォーターボーイズや、
ルパン3世、ラピュタなどの作品を見ながら
物語がどういう構成になっているのか
解説してくださいました。

時間まで細かく解説していて
ここまでやるのか、と驚きでした。

 

本当にこれは知ってるか知らないかで
今後の自分の人生はすごく大きく変わります。

実際にワークショップがあって
「たったそれだけでいいのか!」と
驚きでいっぱいでした。

 

人を感動させるというのは
「人の心に残り、人生に残り続ける」
ということです。

そういう文章を書いていきたいなと
改めて強く思いました。

 

事例を沢山みながら
解説してくださったのが本当に良かったです。

かっけえものを作りてえ、と
改めてワクワクしました。

 

人を物語の中に引き込み、
心を揺さぶり、感動させる
ストーリーライティングの真髄をみた、
という感じでした。

これからショーや映画を見るときの目が
めちゃくちゃ変わるな、と。

 

まだまだ広く深く広がる
表現の世界、言葉の世界を知れて

自分まだまだだ、という悔しさと
もっともっと学べることがある!という
ワクワクを感じることができました。

 

わたしも人を感動させるような
コンテンツを作れるように
さらに精進していきたいです。

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。