経営者物語

元ウブロジャパン代表取締役の高倉豊さんを招いた限定セミナーでハイブランドマーケティングについて学びました。

先日わっきーさんにお誘いいただいて、ハイブランドマーケティングの限定セミナーに参加させていただきました。

芸能人やスポーツ選手が愛用する高級腕時計HUBLOT(ウブロ)の元代表取締役社長の高倉豊さんを招いてのセミナーでした。

日本で名だたるハイブランドを有名にしてきた方です。

↑こんな感じの新作が出てました。

 (かほ:高倉豊さん:土谷愛さん)公開許可済み

さすがブランド会社の社長だけあってかなりおしゃれでした。73歳とは思えない若さで、今もなお向上心を持って世代を超えて学びにいく姿勢がめちゃくちゃカッコ良かったです。

 

名刺いただきました。 

聞いたことある会社がずらり。

本当に凄い方の貴重な機会をいただきました。

わっきーさんの人脈も凄すぎます。

 

今回はわっきーさんから直々にお誘いいただいた人たちだけが集まる限定セミナーワークショップだったので、かなりクローズドな場に呼んでいただけました。

・無名のブランドを大きくする戦略
・150万の時計がバンバン売れるようになった戦略
・雑誌社を使ったブランディング戦略

などなどをお話いただきました。

詳しい内容はお話できないのですが、個人でも使える思考法を学んだのでそちらをシェアしていきますね。

今ある状況で最大のパフォーマンスを

高倉さんは、お金もない、人もいない、知名度もない。という苦しい状態から様々な事業を大きくしてきたマーケティングのプロです。

ジバンシー、イヴ・サンローラン、タグホイヤー、シスレーなど。

環境が決して良かったわけじゃない。大手企業に比べたらハンデだらけだった。そんな状況からいかにして諦めずに藁をもすがる思いで頑張ってきたかというストーリーを聞いたときに、

環境を原因にして諦めてしまうことがいかにもったいないことなのかを学びました。

 

絶体絶命のピンチをチャンスに変えるためには、

当たり前を疑う。常識を疑う必要がある。

そうして打開策を見つけ出していく。

 

これはすぐにできるものではなくて、常日頃から意識しておいて思考するクセをつけていく必要があります。

今回のセミナーでもいくつかワークショップがあって、考える機会が何度もありました。

そこで自分がいかに普段思考していないのかを思い知りました。普段から解決策を見つけ出す、常識を疑う、答えは1つとは限らないと学びました。

この思考はこれからの起業家人生で絶対に必要になってくるので、ここの意識1つ変わるだけでも1年後、2年後、埋めようと思っても埋まらない差ができると思うので、貴重な学びでした。

世代を超えて学ぶ姿勢

高倉さんのかっこいいなと思った姿勢が、若者からも学ぶ謙虚な姿勢です。

普通ここまで偉業を成し遂げてきたら天狗になってもおかしくないし、ましてやゴツい高級時計会社の社長ときたらさぞかしオラついているのかと思いきや、

かなり物腰柔らかな雰囲気で、誰の発言に対しても決して否定することのない姿勢はとても意外でした。

なんなら「私はネットのことはよく分からない」ときっぱり言い切って、さらに「だから若い世代の人たちに教えてほしい」と言ったのには驚きました。

 

プライドを捨てて新しい知識を学ぶ。
そして融合していく。

この姿勢を持っているからこそ、視野が広く、あっと驚くようなマーケティング戦略を思いつくんだろうなと感じました。

 

高倉さんはブレインストーミングが好きだそうで、自分だけではたどり着けない境地にいく姿勢を大事にしていました。

つい、殻に閉じこもって自分の世界、自分のフィルターで物事を決めてしまうけど、情報の扉を開いておく姿勢というのは大事ですね。

 

ただ、人の意見にばかり流されるわけでもなくて、譲らないところは譲らずに強気で攻めていく、という高倉さんのメリハリのつけ方はとても勉強になりました。

しれっとぶっとんでる感じがとても面白かったです。

「普段からキチガイなことをしておくと「あいつじゃしょうがない」となるからね、非常に動きやすいんですよ」って柔らかく笑ってました。笑

いいカッコしいってわけでもないんですよね。ちゃんと芯がある感じ。

 

高倉さんの本も全部その場でポチったので、読んでいきます。

沢山の学びをありがとうございました!

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。