経営者物語

月収500万大学生起業家さんと会ってきた話。

いつもありがとうございます!

かほです!

 

先日、月収500万大学生起業家さんと
会ってきました。

そこで、人生レベルで深い話をしたので
備忘録として残しておきます。

 

あなたも、わたしたちと一緒に
その場にいるような

そんなイメージをしながら
世界に入り込んでみてください。

 

〜〜〜

2020年10月

 

風はなく、切るような寒さでもない。

冬の訪れを感じさせる爽やかな冬の夜。

 

橙色の優しいカフェの光が漏れる、

既に真っ暗な南池袋公園。

 

「あ、ござ貸し出してますって。笑」

「いいですね!笑 じゃあ外で話しますか!」

 

カフェで買ったコーヒー片手に外に出て、
芝生の上にござを敷いて話始めます。

 

初対面でござの上で話す。笑
ちょっとシュールです。

 

で、しばらく、ビジネスの話を
カフェの光を見ながら
お互いにぽつりぽつりと話していたんです。

 

とても静かな時間が流れていきました。

 

〜〜

 

話してみてすぐにわかりました。

 

その方は、本当に思慮深い方でした。

たくさんたくさん考えて生きている。

 

そして

人のしあわせを
本気で願っている人でした。

 

最初はビジネスの話をしていたはずなのに

気がついたらわたしは
ぼろぼろ泣きながら想いを語っていました。

 

 

 

2020年 2月

わたしは、
最愛の祖母の訃報を受けました。

そして、その1週間後に入院し、

脳の大手術を受けました。

(手術は成功しましたが
奇病のため完治はしません。)

 

 

手術をした、その日の夜は

 

人生で最も

「死に近い場所」

にいました。

 

手術後、集中治療室に運ばれ

足には血栓予防のための
温かいマッサージ機が取り付けられ
ぐつぐつ音を立てていました。

 

暑くて苦しくて、
地獄の釜の中にいるようでした。

 

経験したことのないほどの
とんでもないつらさでした。

 

頭の痛みと激しい吐き気。

何度も嘔吐しながら
震える手でナースコールを握りしめる。

 

この暗く苦しい夜が
永遠に続くんじゃないか。

そんな不安と恐怖に
押しつぶされそうになっていました。

 

 

一方で

走馬灯のように、
亡くなった祖母との思い出が

ただひたすらに
キラキラと頭の中を
流れていました。

 

わたしは

朦朧とした意識の中で

「ああ、人って死ぬんだなあ。」

と、静かに、嗚咽したことを覚えています。

 

 

「どうせ死ぬんだったら
わたしは、一体どう生きて
どう死にたいんだろうか…?」

 

この夜は
人生で最も「死」について
考えた夜でした。

 

 

(わたしは…。)

 

(好きな人のそばで、
少しでも長く笑っていたいなあ。)

 

(…それで十分だなあ。)

 

 

もし明日死ぬってなったら、

 

お金とか仕事とか地位とか
全部全部取っ払って

ただ、

(大切な人と一分一秒でも
長く一緒にいたいなあ…。)

それだけを強く思ったんです。

 

 

 

実際問題、
日本は資本主義社会なので
お金がないと生きていけません。

 

お金がないと、

自分はおろか、
大切な人も守れません。

 

だからこそ
お金を稼ぐことは
とても大事なことです。

 

でも、
でもですね、

 

それだけになってはいけないんです。

あくまで、お金を稼ぐのは手段なんですよ。

 

「お金があるから
絶対にしあわせになれる」
なんてことはありません。

逆に
「お金がないから
しあわせになれない」
なんてこともありません。

 

 

日本人の多くは
家族を守るために働いています。

 

他人のために、
会社のために、
自分の大切な時間を割いて

みんな、家族を守るために
頑張って働いていたのに…。

 

肝心のその家族が
本当に願っているのは、

財布いっぱいの札束なんかじゃない。

 

本当にほしいのは、
自分たちのために頑張ってくれている

そんなあなたと
のんびりと一緒にすごす時間
なんじゃないでしょうか。

 

 

「はやく帰ってきて。
一緒にごはん食べよう。」

 

 

わたしは
家族の願いは、最終的に
ここに行き着くと思っています。

 

幼い頃、

なかなか帰ってこない両親を
待ちながら、

何度も何度も思っていたことです。

 

 

ネットビジネスをやっていると、

 

ただお金儲けをすればいい。
お金を沢山稼いだ人が偉い。
偉い人と沢山繋がっている人が偉い。

豪遊して美女と遊んで
夜通し賭け事をする。

そう言った競争思考が
はびこっているような
そんな気がしてしまいます。

 

 

そうじゃなくて
もっと、

 

本質的なしあわせ、

 

人と人との、
深く優しいつながりで心を満たす。

 

ということを頭の片隅において
ビジネスがしたいなと、
純粋に思うんです。

 

 

甘いかもしれませんが

こう言った思考の人が
増えてくれたらいいなと
本気でそう思っています。

 

わたしも一緒に仕事をするなら
こういった考えの人と
一緒に仕事をしたいです。

 

 

人生において
本当に大事なものは
お金では買えないものばかりです。

 

芸能人の自殺が相次いでいますが、

あんなにも富と名声と淡麗な容姿、

他の人が喉から手が出るほど欲しがって、
みんなが目指しているものを

全て持っていたはずのに
なぜか満たされていなかった。

 

これが全てを物語っていると
思うんです。

 

みんながそこを目指して
頑張っている世の中だけど…

 

本当のしあわせっていうのは

人から愛される。
そして人に無償の愛を届ける。

 

ここなんじゃないでしょうか。

 

これが満たされていたら

「ああ、しあわせだなあ
もういつ死んでもいいや」って

そう思えると思うんですね。

 

 

そして、あくまでお金は
その1手段。

 

稼ぐ力を身につけることは

「いつでも自分はお金を生み出せる」
という安心感と自信につながりますし

お金のことで揉めたり悩んだり
するのを防ぐことができるので

たしかに大事です。

 

お金のことで
大切な人と揉めるなんて

そんなの悲しすぎるじゃないですか。

 

紙っぺら1枚で
お金では買えない愛情が
ボロボロになって朽ちていくなんて。

 

 

ただ、一方で悲しいことに

お金や仕事が原因で
家庭環境が悪くなり、

「家族のことが大嫌い!」

という人も世の中には沢山います。

 

 

わたしは、

 

家族や身の回りの人、
恋人や友人、

 

自分の大切な人が

 

しあわせでいるところを見て
しあわせになれる。

 

そんな人たちを増やしていきたいと
そう思っています。

 

 

もしそのわだかまりの
第一歩がお金で解決できるなら

稼ぎ方を教えてあげたい。

 

 

 

こういった想いで
この発信をしています。

 

 

無償の愛、なんていうと
綺麗事のように感じるかもしれませんが

わたしが目指す最終形はそこです。

 

 

与えて与えて、
相手が困って笑ってしまうくらい

人に愛を与えられる人間になりたい。

 

 

 

わたしは祖母の死や、自らの死を
考えたことによって

 

死ぬときに

 

「好きな人のそばに沢山いられて
好きな人たちに沢山囲まれて、
本当にしあわせだったなあ」と

 

心からそういえる人生でありたいと
思ったんです。

 

 

こういった思想、信念を広めるためにも
やっぱり影響力やお金っていうのは
必要になってくる場面があるから

今は稼ぐ力を
身につけていこう。

 

 

協力できることなら
なんでも協力するよ。

 

 

 

 

 

・・・と
こんな話を
お互いにずっとしていました。

 

 

一気にいま、現実世界に
引き戻しちゃいましたが(笑)

 

わたしたちの話は
これで終わりです。

 

あ、そして
もう一度いいますが初対面ですよ。

そして、ござの上です。笑

 

わたしが会ったその起業家さんは
本当に不思議な引力がある方でした。

はじめて会ったはずなのに
それを感じさせない包容力がありました。

 

お互いの過去や、
ネットビジネスにかける信念、
人生における価値観を話しながら、

「今日出逢えてよかったね」と
ふとそういう結論に至りました。

 

「運命なんですよね。

こうして僕とかほさんが出会ったのも
全部全部、過去から繋がっていて…。

きっとずっと前から決まってたんですよ。」

その方はそう言って
やさしく笑っていました。

 

その顔を見て、

「ああ、本当にそうかもしれないな」と

わたしも思いました。

 

 

こうして
あなたがわたしを見つけてくださって
こうしてわたしのメールを読んでいる。

 

これだって、運命なんじゃないかと
わたしは思っていますよ。

 

 

あなたが生まれた時から、
わたしとあなたが、こうしてつながるって
きっと決まっていたんですよ。

 

「感極まって変なこと言い出したぞ」と

思われてしまうかもしれませんが(笑)

わたしは割と本気でそう思っています。

 

 

だからこそ、このご縁は
大切にしていきたいんです。

 

あなたの信念はなんですか?
どう生きていきたいですか?
どう死にたいですか…?

 

 

まあ、ここまで重くなくて
全然いいのですが(笑)

 

感じたことでも
考えたことでも

軽くでもいいので、
感想をいただけるととても嬉しいです。

 

ではまた明日!

 

かほ

 

 

===メール本文 ここまで=====

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

成果が出なくてつらい。
パソコンの前で泣いてしまう。
孤独と焦り、将来への不安。

 

それはネットビジネスうんぬんの前に
人生に対する向き合い方が
固まっていないからです。

 

そんな状態では
稼げもしないですし、
何より心も体も保ちません。

 

稼いだ先に、なにを求めるのか?
人生におけるしあわせって何かな?

という、

「稼ぎ方」だけじゃなくて
「人生観」「幸福論」について
ちゃんと考える機会を作る。

 

それだけで
文章全体に「光」と「艶」が出ます。

人を惹きつける文章になります。

 

わたしは「稼ぐ」はもちろん
「育てる」をテーマに、

深い思考力を身につけるような
メルマガ発信をしています。

 

稼ぐことだけではなく
人生まるごと良くしてもらいたいんです。

 

今までいろんなメルマガを取ってきましたが
わたしみたいなメルマガは
めちゃくちゃ特殊です。笑

 

興味がある方は、ぜひ、登録して
1通目だけでも読んでみてください。

 

↓画像をクリックすると登録画面に進みます

P.S.

ちなみに、号泣した時に使っていた
ハンカチは歌舞伎ハンカチでした。

バックから出すの
めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

「すみません…ぐす…。あ、ハンカチ…。」

「待ってww
そんなハンカチどこで売ってるのww」

雰囲気はぶち壊しでしたが、
笑っていただけたので良かったです。笑

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。