六本木ホテル物語

マンガ読んで大号泣。情報発信者は全員みてほしい。

『かくかくしかじか』というマンガを読んでボロ泣きしまして。

今衝動のままブログを書き綴っています。

まじでこのマンガはビジネスやってる人はもれなく全員読むべき。

ビジネスやってなくても、本気で生きれてないなって人は全員読むべきです。

本当に良い作品だから。

今日は東京に出てきてホテル暮らし1日目。

早速バリバリ仕事でもしようかと思っていたんだけど、師匠のTwitterでこのマンガが推されててつい読んでしまった。

結果。

気がついたら22時を回ってしまいました。

 

お腹すいたな。

キリがいいところでコンビニでも行こうかな。

そんなこと思いながらもページをめくる指は止まらなくて気がついたらこんな時間です。

 

かくかくしかじかを知らない人のためにざっくりあらすじを説明すると

マンガ家を目指す1人の女の子が、超スパルタのおっちゃん先生のもとで絵を学ぶという話です。

 

決して綺麗な話ではなくて、良い意味で人間くさい作品です。

田舎のあたたかさだったり、主人公のむき出しの感情に、胸を打たれまくりでした。

お節介なくらいに干渉してきて自分のお尻を叩いてくれる存在に出会えることがどんなにしあわせなことか。

でもそのときにはそのしあわせに気がつけなくて、失ってから気がついてしまうのがどんなに皮肉なことか。

もうここの皮肉さにボロ泣きです。

 

で、このマンガの何がいいって。

実話だということ。

 

だからこそのセリフ1つ1つが重いんですよね。

大人になった主人公のごめんなさいとありがとうが、こちらが逃げ出したくなるくらいにリアルに濃く描かれています。

めっちゃ感情移入できちゃって苦しいぐらい。

このマンガは本当にすごいのよ。
まじで読むべき。

 

ページをめくる指が止まったシーンを1つ紹介。

主人公が〆切に追われて、死ぬほど忙しい時期のとあるセリフです。↓


大丈夫。

大丈夫。

あの頃の先生の「大丈夫」が
今の私を支えているという…

皮肉なもんです。

しかしなんで若い時って

出来るのに出来ないフリ。
しんどくないのにしんどいフリ。
楽しいのに楽しくないフリ。

なんだって出来たはずなのに。
無敵だったはずなのに。

大人になった今
そんなことを考えてるよ。

先生。

 

こういうことを大人が教えてくれるのは、わたしみたいなガキンチョにはとてもありがたいことなんです。

 

大人の本気の後悔ってなかなか聞けないですからね。

でもこの本気の後悔から学べることって本当に尊いし、それがこのマンガにはめちゃくちゃつまっているので超勉強になります。

 

大人ぶりたい。でも中身は子どものまんま。

そんな不安定な今の自分だからこそ、とても学ぶものがありました。

 

情報発信で成功していない人全員に伝えたい。書け。

 

かくかくしかじかでは

描け。

という言葉がキーワードになっています。

描け。

かけ。

書け。

自分自身に言われているようでならなかった。

 

わたしも情報発信をしている身なので「書け」が全ての世界です。

 

書かなかったら届かないし。
届かなかったら響かないし。

 

今成功している人たちって、誰にでもできることを誰よりもやっているんですよね。悔しいくらいに。

誰か成功の抜け道を教えてくれよって思うけど、そんなものはなくてやっぱり自分が学んで実践するしかない。

 

成功者に会うたびに思います。

やることやってんなーって。

 

だから悔しくなる。自分にもできることだから。できるはずなのにやれてないのが自分だから。

 

「もうあと半年間は何もしなくても月100万以上振り込まれるのが確定してるんだよね」

わたしがビジネス始めたての頃、そう言っていた経営者さん。

何をしたんですか?と聞いたらその回答は、

「ステップメール180日分書いてバックエンド6本作っただけだよ。」でした。

 

これは今でもずっとわたしの心に残っていて1つの指針になっています。わたしもそこまでは何がなんでも到達しようと思ってます。

 

泥臭く書いて、書いて、書きまくる。

それだけのことを自分はまだできていない。

ただ書くことを目的にしてはいけないけど、それ以前にやることやってる人がいるなら、負けていられない。

 

「かっけえものをつくりてえ」

かくかくしかじかのほかにも、「チ。」というマンガを昨日読んで、ダブルコンボで感じたことがあるので最後にそれを書こうと思います。

チ。はこのマンガ。天動説が信じられている世界で命をかけて「地動説」を証明する話です。

この作品もすごく良かった。

特にこの言葉はかなり刺さりました。こういう言葉を生み出せるマンガ家さんたちは本当にかっこいい。最高。



文字は、まるで奇跡ですよ。

アレが使えると時間と場所を超越できる。

200年前の情報に涙が流れることも、
1000年前の噂話で笑うこともある。

そんなの信じられますか?

私達の人生はどうしようもなく、
この時代に閉じ込められてる。

だけど、文字を読むときだけは
かつていた偉人達が私に向かって
口を開いてくれる。

その一瞬この世界から抜け出せる。

文字になった思考はこの世に残って
ずっと未来の誰かを動かすことだってある。

そんなの…まるで、奇跡じゃないですか。

 

これを聞いた瞬間。

もうね、ブワッて鳥肌が立ちました。

 

読み書きできることが当たり前のこの環境で、こんなにも深く文字について向き合ったことがあっただろうか。

 

「チ。」と「かくかくしかじか」

それぞれ読んで思ったのが、

もっと真剣に文字に向き合おう。
人に伝えるということに向き合おう。

発信に向き合おう。

ということ。

 

時間も場所も超えたはるか遠いどこかの誰かに、わたしの言葉が届いて感情を動かすことができたら、最高じゃないですか。

少なくともわたしはそういうの大好きです。

情報発信をしている人の誰よりも言葉を大切にする発信者でありたい。

 

人を動かす。人生を変える。

言葉にはそんな力がある。

そんな言葉を深く学びたい。

 

この1ヶ月間は全力で言葉に向き合おうと改めて思いました。

 

「かくかくしかじか読んで号泣しました」って師匠に報告したら

『最高の漫画よね。俺はたくさんこういうの見てきてるから「かっけえものをつくりてえ」って思いが人一倍強いんだよね。』

という話をしてくださいました。

 

もうまさにこれ。これです。

かっけえものをつくりてえ。

これに尽きます。

おわりに

 

きっと5年後、10年後。

ふと思い出すんだと思う。

 

こじんまりとしたホテルの一室で

小さなスーツケース1個で
東京にはじめて1人で出てきて

女の子が成長するマンガを読んで
号泣して今パソコンを叩いている。

 

全てを手に入れた
華やかな生活もいいけど

きっとこういう人間くさくて
スタート地点にいる時の方が
楽しかったりして。

 

あとあと振り返って思い出すのは
今日みたいな日なんだろう。

 

冷静になってこの記事を読んだら
まー恥ずかしいと思うんだけど。笑

せっかく感情が乗ってるので書いてみました。

ここでカッコつけてもつまらんし。

書きたいように書けばいいし
届けたいように届けようと思う。

 

発信を楽しめる自分でありたい。

人として深く豊かな存在になりたい。

です。

ABOUT ME
かほ
21歳のときにネット起業する。 5ヶ月で利益1000万を超え 現在は寝ていても月に100万は 入ってくる自動収益システムを ネット上に構築している。 もともとは 埼玉のど田舎で育てられた おばあちゃんっこ。 20歳のときに おばあちゃんが亡くなり 自分自身も脳の指定難病にかかる。 その際、 「自分がどう生きたいのか?」 を突き詰めた結果 好きなときに 好きな場所で 好きな仕事をしながら 好きな人のために 自分の人生の時間を使う という生活を送りたいと気がつく。 その夢をつむぐべく 年収3億の起業家に弟子入りし ネット起業する。 活動の理念は 自分と自分に関わった人が お金と時間、そして 心も満たされた人生になるような 発信をしていくこと。